あなたの頭皮の悩みを全て解決!!

プロスカーとプロペシアの関係は!?海外製ジェネリックは何が違うの!?

2021/09/20
 
プロスカー!?プロペシア!?どっちがいいの!?
この記事を書いている人 - WRITER -
このサイトは普段、抜け毛や薄毛などAGAにお困りの方の専用のプロスカー専門サイトです。 プロスカーの基本情報から、使用する際の注意点などをまとめました。 是非、あなたのヘアライフにご活用ください。

AGA治療薬として用いられるプロスカープロペシアですが、この両者の違いは何か、また共通するものは
何なのか、関係性についてもみていきたいと思います。

AGAとは男性型脱毛症のことを指し、主に頭部の抜け毛や薄毛のことを言いますが、これらの治療薬として
プロスカープロペシアが広く使用されています。

そんなプロスカープロペシアですが、どちらもアメリカに本社を置く大手製薬会社のメルク社が製造販売をしています。

共通点としてはどちらも同じAGAの予防、治療薬である成分「フィナステリド」を含んでいるということです。
フィナステリドとは抜け毛や薄毛などAGAの初期段階の人がその進行を防ぐことを目的に使用されている薬で、
抜け毛の原因であるジヒドロテストステロンの増殖を抑制することができます。


ジヒドロテストステロンというのは男性ホルモンの一種で、このホルモンには毛髪の元になる細胞の働きを低下させてしまう作用があります。


また、フィナステリドと似ている成分にミノキシジルというものもAGA治療薬では有名ですが、ミノキシジルは発毛を増やすということに効果を発揮する薬で、その使用目的が異なります。

プロスカープロペシアの共通点では同じ目的で成分が同じであり、同じ大手の製薬会社が手掛けていることが
分かりましたが、ではこれら二つはなぜ異なって存在しているのか、その違いは何なのでしょうか。

先発品プロスカー

プロスカーとプロペシアの違い

両者を分けている違いは大きく3つあります。

①有効成分であるフィナステリドの量
②厚生労働省認可の有無
③価格

まず、どちらの薬剤にも含まれているフィナステリドですが、それぞれ含まれている量が違います。
プロペシアに含まれるフィナステリドは1mgなのに対してプロスカーには5mgもフィナステリドが含まれています。
AGA治療に有効な成分であるフィナステリドを含む点では同じですが、通常AGAの改善を目的としたフィナステリドの摂取量は1日に1mgと基準が設けられていることから、前者では日本の厚生労働省の認可が下りていますが後者は下りていません。


プロスカーに含まれるフィナステリドという成分が5mgも含まれているのは、もともとの製造目的によって異なっており、前立腺肥大症の治療時に医師の処方によって5mgのプロスカーが使用されてきました。

そして、3つ目の違いとしては価格が大きく異なることです。
ピックアップした個人輸入サイトによると、1箱28錠の同じ数量で比較するとプロスカーが1箱、約3000円なのに対して、プロペシアは1箱、約5000円と1.6倍以上の差があります。


(参照サイトは下記)
プロスカー:https://www.mitsukoshiya.com/proscar
プロペシア:https://www.mitsukoshiya.com/propecia_28tab

また、サイトによってはその差は2倍の価格差になることもあります。
単純に価格だけをみても、プロスカープロペシアの約半額で購入できる上に、成分の含有量を考慮すると(プロスカーの成分量はプロペシアの5倍)その費用対効果は10倍違うことになります。
このコストパフォーマンスの違いが両者の大きな違いといえます。

以上の3つがプロスカープロペシアの大きな違いになりますが、主成分の含有量の違いについては服用する際には注意を払う必要があります。


前述した通り、AGA治療に必要とする1日あたりのフィナステリドの摂取量は1mgという基準があるので、5mg含まれているプロスカーをAGAの改善目的で使用する際には錠剤を分割する必要がありますし、明確なデータがあるわけではないですが、成分を通常より多く摂取した場合にはその分、副作用のリスクも高まる言えるでしょう。

しかし、通常より多くの成分を服用したことによる副作用リスクの確率は高まるといえるが、その副作用確率は一般には低く1%程度と言われています。
さらに医師の管理下で使用すれば、その安全は担保されるでしょう。
わずかに副作用があるとすれば、性欲減衰や勃起不全などが起こる可能性はあります。

しかし、安全に使用することに越したことはありまえんので、服用する際にはきちんと定められた用法に従って服用するようにしましょう。

先発品プロスカー

海外ジェネリック医薬品について

ここまで紹介してきたAGA治療薬であるプロスカープロペシアですが、今やそれぞれジェリック医薬品(後発医薬品)として製造販売されています。
特に後者の方は日本での厚生労働省の認可が降りた医薬品であるため、国産プロペシアジェネリックとしても販売されています。

では海外のジェリックと日本国産のジェネリック医薬品では何がそれぞれ異なるのでしょうか。
まず、薬剤として重要な有効成分であるフィナステリドは海外だろうが国産でも含まれているので、AGA治療薬としての効果や安全性には差はありません。
異なるのは購入方法と価格です。

国産ジェネリックは主に病院で購入できるのに対し、海外のジェネリックは通販で購入ができます。
また、その価格差は国産のジェリックは1箱(28錠)で4500円~5000円かかるのに対し、海外産のジェリックだと同じ1箱(28錠)で1200円~2900円と約半額で購入することが可能な上、手間なども考えると圧倒的に海外のジェネリックの方が融通性は高いと言えそうです。


さらに上記では医薬品の費用のみで比較していますので、病院での診察料、交通費なども入れると圧倒的に海外ジェネリックは同じ効果が得られる上にコストパフォーマンスが高いため、長期的に治療を続けていく上では国産のものより手軽に利用できそうです。

まとめ

以上でプロスカープロペシア、海外ジェネリックと国産のジェネリックの4つについて違いをみてきました。
それぞれ共通としての違いで大きいのは「価格」および「コスト」です。

また、本稿を見られている方の共通目的としてはAGA対策、その治療法や予防法だと思います。
人によっては状況や立場が異なる場合もあると思いますし、どのような方法で使用しようともそれぞれの自由です。
それぞれの適した方法、順序で対策を講じて頂ければと思います。
そして、これらの医薬品の扱いで注意したいのは用法をしっかり守り、適した方法で使用することなので、その点に気を付けて頂ければと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
このサイトは普段、抜け毛や薄毛などAGAにお困りの方の専用のプロスカー専門サイトです。 プロスカーの基本情報から、使用する際の注意点などをまとめました。 是非、あなたのヘアライフにご活用ください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© プロスカー体験日記 , 2021 All Rights Reserved.