あなたの頭皮の悩みを全て解決!!

【日本のハゲ事情】海外からみた日本の薄毛率はどのくらい!?何が違うの!?

2021/09/20
 
世界からみた日本人の薄毛率
この記事を書いている人 - WRITER -
このサイトは普段、抜け毛や薄毛などAGAにお困りの方の専用のプロスカー専門サイトです。 プロスカーの基本情報から、使用する際の注意点などをまとめました。 是非、あなたのヘアライフにご活用ください。

年齢を重ねるごとに頭皮が心配になっていきますが、日本にはどのくらい抜け毛や薄毛など、いわゆるAGAの方がいるのでしょうか。
また、日本は世界からみて、どのくらいAGAの発症率があるのでしょうか。

本稿では「世界からみた日本の薄毛率」というテーマで、数値による比較や原因などを紹介し、AGAの対策や予防策などについてお届けしていきたい思います。

世界の薄毛率はどのくらい!?その中で日本は!?

まず、髪の毛が抜けていき、薄くなっていくのは世界共通のものという認識を持たれている方がほとんどではないでしょうか。
しかし、髪の毛が薄くなっていく構造は同じでも、症状が現れるタイミングやその進行度合いなどは外的な要因も大きいため、そもそも日本とは環境が違う海外におけるAGAの割合は日本とはまた違います。
大手かつらメーカーによると、世界全体でみた場合、抜け毛や薄毛などの症状に悩む人は世界全体で30%を占め、約3億人の人がAGAを発症させているというデータがあります。
世界薄毛ランキングを世界の国別にみていくとトップはチェコ、気になる日本は世界の中でも14位の位置にいます。

【薄毛率ランキング】

1位:チェコ(プラハでの観測)42.79%
2位:スペイン(マドリードでの観測)42.60%
3位:ドイツ(フランクフルトでの観測)41.24%
4位:フランス(パリでの観測)39.34%
5位:イギリス(ロンドンでの観測)39.23%
6位:アメリカ(三都市での観測)39.4%
7位:イタリア(ミラノでの観測)39.01%
8位:ポーランド(ワルシャワでの観測)38.84%
9位:オランダ(アムステルダムでの観測)37.93%
10位:カナダ(モントリオールでの観測)37.42%
11位:ロシア(モスクワでの観測)33.29%
12位:オーストラリア(シドニーでの観測)30.39%
13位:メキシコ(メキシコシティでの観測)28.28%
14位:日本(東京での観測)26.78%
15位:香港24.68%
16位:シンガポール24.06%
17位:タイ(バンコクでの観測)23.53%
18位:台湾(台北での観測)22.91%
19位:マレーシア(クアラルンプールでの観測)22.76%
20位:韓国(ソウル)22.41%
21位:中国(上海)19.04%

圧倒的に薄毛率が高いのは中央ヨーロッパに位置するチェコで、ほぼ2人に1人が薄毛という驚異の薄毛大国の状態になっています。
このデータから4人に1人は薄毛である日本は世界全体からみたら、まだそこまで「薄毛大国」ではないと思うかもしれません。

そして上位を占める国は全てアジア系を除いた欧米系になっています。
この違いはもともとの欧米系とアジア系のDNA(民族的要素)の違いからきていることが分かります。
そのルーツをたどると欧米系の白人民族は狩猟を行い、肉を主食としていた一方でアジア系の民族は農耕を主とする草食を基礎としてきたため、男性ホルモンの分泌量の差から薄毛になる割合にも表れています。

もともとAGAになる原因(詳細はこちら)としてはホルモンの分泌量や血管系などがありました。
そのため、ホルモンの分泌量がAGAを発症させる大きな原因に。
そして、それ以外にも共通していることとして日本も含め、薄毛率が高い国はどれも先進国なのが分かります。
そのことからも比較的、先進国は経済や医療、インフラなどが発達し人が生活しやすく長生きできる環境が整えられています。
そのため、年齢とともに薄毛や抜け毛も比例して高くなる傾向にありますし、食べ物なども飽和状態にあり、栄養が偏ったり、肥満や運動不足などの生活習慣が原因で引き起こされてしまいがちです。
あるいは一方で仕事や人間関係などのストレスも受けやすい環境であることがあります。

3人に1人はハゲ!?

今後の日本の薄毛率の展望

ではランキング結果をもとに世界からみた日本人のハゲ率や原因などについてわかったところで、今後日本の数値やランキングはどのように変化していくのでしょうか。
まず、上記ランキングでもわかるようにアジアの中でも日本はトップの薄毛率であり、ホルモン分泌量の要因を抜きにすると今後、ますます加速する少子高齢化や生活習慣の悪化によって、この割合は高くなっていく傾向が分かります。
実際、その傾向を実証するデータもあり、薄毛調査によると日本は全体の人口が減少しているにも関わらず1982年に全体の15%、600万人程度から2000年代に入り、その数は倍になっており、現在でもその数値は上昇傾向にあることが分かっています。

AGA対策にはプロスカー

対策とまとめ

今回、抜け毛や薄毛について数値をもとに国ごとの傾向や原因をみてきましたが、日本は世界からみると比較的AGA率が高いことが分かり、また、その原因が民族的要素を除いても、対策への意識変化の重要性が分かりました。
抜け毛や薄毛については生活習慣の改善も重要ですが、それに加えてプロスカーの利用もおすすめします。
プロスカーをおススメする理由はこちらからご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
このサイトは普段、抜け毛や薄毛などAGAにお困りの方の専用のプロスカー専門サイトです。 プロスカーの基本情報から、使用する際の注意点などをまとめました。 是非、あなたのヘアライフにご活用ください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© プロスカー体験日記 , 2021 All Rights Reserved.